メトラッセコラム

2017.02.03

フェイスラインにニキビができるのはなぜ?しつこい大人ニキビの原因と対策


大人ニキビの原因と対策
フェイスラインに何度も繰り返しできるニキビ。赤く腫れて痛痒く、なかなか治らないやっかいな存在です。このようなフェイスラインのニキビは、思春期に頭を悩ませたニキビとは異なる「大人ニキビ」と呼ばれるものです。この大人ニキビの原因と対策には、一体どのようなものがあるのでしょうか?そこで今回は、しつこい大人ニキビの原因と対策についてご紹介します。

フェイスラインにニキビができる原因は?

フェイスラインにニキビ大人の肌を悩ませるフェイスラインの大人ニキビは、以下のようなものが原因と考えられています。

ホルモンバランスの乱れ

体内には、エストロゲンと呼ばれるホルモンが存在します。このホルモンは美肌ホルモンとも呼ばれ、皮脂を抑えて肌のバリア機能を保つ役割があります。多くの場合、このエストロゲンのホルモンバランスが整っている人の肌は、水分量と皮脂量のバランスもとれています。しかし、ホルモンバランスが乱れると水分と皮脂との分泌量のバランスが崩れ、肌荒れを起こしやすくなります。
また、女性はホルモンの分泌量が時期によって異なります。生理前などには黄体ホルモンの分泌量が多くなりますが、このホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量が多くなったり、体調を崩しやすくなったりする傾向にあります。

汚れや接触によるもの

フェイスラインは基本的には皮脂の分泌量がそれほど多い場所ではないため、本来はニキビができにくい場所です。しかし、無意識に触ってしまっていたり、肘をつくときに触れていたりすると、肌は摩擦による刺激を受けます。この刺激に肌が過剰反応することで、ニキビの発生へとつながってしまうのです。

次に、枕カバーなど寝具が汚れている場合もニキビが発生する原因となってしまいます。カバー類は常に清潔に保ち、ニキビの発生を防ぎましょう。

また、フェイスラインはメイクの境界線でもあり、メイク落としの際に意識しづらい部分でもあります。ファンデーションやチークなどが付いているにもかかわらずメイク落としが不十分だと、毛穴を汚れで塞いでしまいニキビを発生させる原因となります。

紫外線などによる肌の荒れ

紫外線に当たると、乾燥を起こしたり肌のターンオーバーが乱れたりしてニキビが発生しやすくなってしまいます。フェイスラインは日焼け止めなどが薄くなってしまったり、塗り忘れたりすることが多い場所でもあるため、紫外線対策は顔から首にかけて入念に行いましょう。

角質層

角質層は、外部の刺激から肌を守り、水分を保持する役割を持っています。睡眠不足や暴飲暴食などの生活習慣の乱れや、ストレスなどによって肌のターンオーバーが正常に行われなくなることが原因で、肌の表面にははがれるべき角質がとどまり続けます。すると古い角質層が毛穴を塞ぎ、体外に排出されるべき老廃物や皮脂をため、炎症を起こしてしまうのです。

大人ニキビへの対策はどんなものがある?

大人ニキビへの対策大人ニキビができてしまった場合、どのようなケアを行えば良いのでしょうか。

肌のターンオーバー正常化させる

肌は一定のサイクルで日々生成されています。大人ニキビができてしまった場合、刺激を与えて炎症を悪化させないよう、保湿ケアによって肌のターンオーバーを促しましょう。古い角質がはがれやすくなるようにきちんと保湿し、十分な睡眠をとることで肌のターンオーバーは正常化へと向かいます。ニキビそのものへの働きかけよりも、まず生活習慣の見直しをしてみましょう。

ストレスをためない生活を

ストレスは社会生活を送る中で非常に身近な存在です。そのためストレスをため込まないよう、意識的に解消していく手段を持つ必要があります。ちょっとした運動などもストレス発散や肌のターンオーバーを促すことに役立つため、ストレスを感じることが日常的にある場合は軽い運動などを習慣化すると良いでしょう。

まとめ

一度できてしまうとなかなか治りにくい大人ニキビ。これらはホルモンバランスやストレスの影響を大きく受けていると考えられています。大人のフェイスラインはとてもデリケートです。まずは生活習慣について改善できるポイントを探し、保湿ケアなどを行うことで内側と外側から働きかけてみてはいかがでしょうか。

↓これ1本でお肌をやさしく保湿する『メトラッセ ミルキーエッセンス』

メトラッセ ミルキーエッセンス

ページ先頭へ