メトラッセコラム

2016.09.16

Column No.69 髪の毛も夏バテ!?残暑にしたいヘアケア

髪の毛も夏バテ!?残暑にしたいヘアケア
暦の上では徐々に秋を意識する季節になりましたね。
昼間はまだまだ暑い日が続きますが、夕暮れ時にはさらさらと涼しい風が吹くようになりました。
そろそろ、夏の疲れが押し寄せてくる時期ではないでしょうか。
さて「夏」と言えば、強い日射しが気になりますが、お肌のケアばかりに気を配っていませんか?
実は髪のケアも、とっても大切なんですよ。
そこで今回は、残暑にオススメしたいヘアケアについてご紹介します。

●夏の髪が受けるダメージ

髪が傷む原因はいろいろあります。
例えば、カラーリングやパーマ剤によるダメージや、毎日のケアやオシャレで使っているドライヤーやコテ等の使い過ぎも原因のひとつです。
その中でも特に、「夏」が髪に与えるダメージをご紹介します。

【エアコン(冷房)による乾燥ダメージ】

エアコンは夏の必需品ですよね。
昼間の高温時はもちろんのこと、夜の穏やかな睡眠のためには欠かせない存在です。
しかし、エアコンをつけると室内の空気が非常に乾燥します。
人間の皮膚に優しいとされる湿度は60%~65%だと言われていますが、冷房の効いた部屋では湿度が50%を切ると言われています。
湿度が60%から50%まで下がると、皮膚が保持できる水分量は半分になるそうです。
乾燥すると髪がパサつきだけではなく、頭皮も乾燥してフケ・かゆみの原因になるのです。
髪の毛は頭皮から生まれるものなので、頭皮を健康な状態に保つことが大切です。

【外出時の紫外線ダメージ】

髪の毛の主成分は18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質で、このタンパク質のことを「ケラチン」と呼びます。
これらはシスチン結合(S-S結合またはジスルフィド結合)によって成り立っています。
しかし、強い紫外線を浴びることによってこのシスチン結合が分解され、タンパク質に歪みが生じてしまうのです。
その結果、髪の潤いを守るキューティクルがはがれやすくなり、髪のパサつきやゴワつきを加速させていきます。

【海やプールでのダメージ】

海やプールで遊ぶと、髪がキシキシしたりパサついたり…
多くの方が経験したことのあるのではないでしょうか?
原因は、海やプールには塩分や塩素などの髪の大敵となる成分がたくさん含まれているからなんです。
髪は水に濡れると、キューティクルが自然に開いてしまいます。
開いたキューティクルの内部に塩分や塩素などが悪影響を及ぼし、髪のパサつきや変色が起きる原因になります。
さらに海やプールに入った後、髪が濡れたまま日光浴すると、紫外線ダメージも加わって切れ毛・枝毛にもつながります。
この夏、海やプールへ行った方は今のうちにしっかりとしたヘアケアをしておきましょう。

●夏の傷んだ髪のためのヘアケア

体質や日焼けの程度にもよりますが、肌は日焼けをしても、ケア次第で元通りの肌の色に戻る可能性があります。
しかし、一度傷んでしまった髪は決して元通りになることはありません。
皮膚細胞は日々生まれ変わる能力を持っていますが、髪の細胞にはそういった能力がないのです。
なので、一度傷んだところからダメージはどんどん広がります。
夏の傷んだ髪のためのヘアケア対策は、ダメージを広げないことが重要なんです。

【ホットタオルを使う】

お風呂でトリートメントをする際に、ホットタオルで髪と頭全体を包み込む方法です。
トリートメントの有効成分をしっかりと髪に染み込ませてくれます。
タオルの上からヘアキャップを被って湯舟に浸かるとより効果が期待できますよ。

<ホットタオルの作り方>

1.水に濡らしたタオルをロールケーキのように丸めます。
2.500Wの電子レンジで30秒~60秒くらい加熱します。
タオルの絞り具合や加熱時間を調節して、自分の好みのホットタオルを探してみてください。
また電子レンジから取り出すときは熱いので、火傷には十分注意してください。

【アウトバストリートメントを使う】

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントとは、お風呂から出た後に使用する”洗い流さない”タイプのトリートメントです。
髪にツヤを与える効果だけでなく、傷んだ髪の修復や、ダメージから守る効果が期待できます。
アウトバストリートメントには種類がたくさんあり、オイルタイプ、ミルクタイプ、ミストタイプなどがあります。
なので、自分の髪質にあったトリートメントを見つけてみてください。

【アミノ酸シャンプーを使う】

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸を使用しているシャンプーのことです。
そもそも私たちの身体の基となるタンパク質を構成している成分がアミノ酸です。
このシャンプーは、私たちの身体に近い成分でできたシャンプーであるため、ほどよい洗浄力で汚れと余分な皮脂は洗い流しつつも、皮脂を根こそぎ落とさないところがポイントなのです。
ダメージ修復効果が期待できるので、肌が弱い方や薄毛や抜け毛などの髪ダメージに悩む方に人気のシャンプーです。

●まとめ

さて、いかがでしたか?
『一度ダメージを受けた髪は修復不可能』というのはなんとも衝撃的ですよね。
肌に受けるダメージも気になりますが、肌細胞は毎日生まれ変わります。
しかし、髪の細胞は生まれ変わることが出来ないので、毎日のヘアケアが重要なんですね。

夏は気温が高く、身体の新陳代謝が高まるため、毛髪の成長が活発になる時季と言われています。
そんな髪にとって充実する時季を、ダメージを受けるばかりの季節にするのは勿体ないです!
原因とケアの方法をもう一度見直して、夏のダメージを残さずしっかりとケアをしましょう。

↓お肌にやさしいアミノ酸の洗顔石鹸『メトラッセ クリアソープ』
メトラッセ クリアソープ

ページ先頭へ