メトラッセコラム

2016.12.09

冬野菜に美容効果があると言われる理由とは?美肌を作る冬野菜8選


美肌を作る野菜

旬の野菜はおいしい上に、栄養価が高く、安価に手に入れやすい食材です。野菜を食べて健康と美肌を手に入れるなら、簡単にチャレンジしやすい旬の野菜を取り入れてはいかがでしょうか。
「医食同源」という言葉がありますが、最近では「医食美同源」とも言われ、食べるものは健康だけでなく美容にも大きなかかわりを持っていることを表しています。野菜には美容を守る多くの成分が含まれているため、毎日の食事に取り入れて8つの冬野菜の「医食美同源」を試してみましょう。

野菜の色と栄養

冬野菜は、色で分けると、5色に分類されます。大根や白菜などが白、ニラやネギなどが緑、ニンジンが赤、ゴボウが茶色、黒豆や黒ゴマが黒です。
美肌を保つためには、肉や魚や大豆製品の良質なたんぱく質の他に、ビタミンやミネラルを含む野菜は欠かせません。旬の野菜には免疫力をアップさせる効果があるとされ、特に冬野菜は、体を温める効果があると言われ風邪予防や冷え性対策に適しています。冬にとりやすい野菜の中から、まんべんなく5色を食卓にのせ、健康な体と美肌を手に入れましょう。

白い冬野菜の代表、大根と白菜

大根と白菜・大根
大根はジアスターゼ、オキシターゼ、ビタミンCが豊富で、胃もたれや消化不良を解消する働きがあります。解毒作用もあるとされ、美容のためにとりたい野菜です。
また、大根の葉にはビタミンCやカルシウムが多く含まれており、風邪予防にもつながります。ビタミンCなど、大根に含まれる栄養素は熱に弱いため、大根をすりおろして食べるのがおすすめです。

・白菜
ビタミンCが豊富な白菜は、美肌効果があるだけではなく、免疫力アップに効果的な野菜と言われています。カルシウムやカリウムなどのミネラルを含み代謝を上げる作用を持つことから、全身のむくみ解消にも役立ちます。また、白菜の食物繊維は便秘の改善にも役立つので、女性にはうれしい野菜です。白菜を美肌効果に役立てるためには鍋に入れるのがおすすめです。水溶性の栄養素はスープの中に溶け込むため、スープまで飲めるような調理法が効率よく摂取できます。

ネギやニラなどの緑の野菜は、血のめぐりを良くする

・ネギ
ネギは血のめぐりを良くして体を温め、冷え性を改善する効果が期待されています。冷えは万病のもとと言われ、美容の大敵でもあります。ネギの白い部分にはビタミンCが多く含まれており、緑の部分にはカロテンやカリウム、ビタミンKが豊富です。ネギの栄養素は加熱によって失われるものもあるため、納豆や味噌汁などにのせ、薬味として食べることをおすすめします。

・ニラ
ニラはネギ同様、冷え性の改善効果と、肌荒れを防止する働きがあります。
ネギやニラに含まれる硫化アリルには、血液をサラサラにして血のめぐりを良くし、血栓や動脈硬化などの病気の予防にも役立つと言われています。ニラは油を使用した炒め物にすると、栄養素の吸収率が高まります。例えばレバニラ炒めやニラ玉、スープや鍋物に加えても良いでしょう。

赤いニンジンは肌や粘膜を健やかに保ってくれる

赤いニンジン・ニンジン
ニンジンの赤色はカロテンの色です。ビタミンB群やCも豊富で、肌や粘膜、目の角膜、胃腸や肺、器官の免疫力を高める効果があると言われています。抗酸化力が強く、美肌や老化防止にも効果的と言われています。
ニンジンは加熱調理して食べるのがおすすめです。加熱するときは一般的な油よりも美肌効果のあるオリーブオイルやココナッツオイルを一緒に活用すると良いでしょう。

茶色のゴボウは便秘の改善に役立つ

・ゴボウ
ゴボウは亜鉛やマグネシウム、銅、鉄など美容のために欠かせないミネラル成分が含まれており、血液や骨の健康に働きかける役目を持ちます。ゴボウの食物繊維は、水分をたくさん吸収し便を柔らかくしてくれる作用があるため、便秘の改善にもつながります。また、肌荒れや吹き出物の予防と改善にも役立つとされています。
ゴボウが持つ美容効果を最大限に発揮するためには、ゴボウ茶にするのがおすすめです。ゴボウ茶にすると食物繊維が豊富にとれて便秘改善に効果的と言われています。

黒豆、黒ゴマなどの黒い食材は血液の循環を良くする

・黒豆
黒豆はイソフラボン、アントシアニン、サポニン、カルシウムなどが豊富で、月経不順や老化防止に作用します。また、抗酸化力が高いので美肌効果はもちろん、生活習慣病の予防にもしばしば取り入れられます。黒豆は煮豆や、お米を炊くときに炊飯器に入れ炊き込みご飯にすると気軽に食べられるでしょう。

・黒ゴマ
黒ゴマはゴマグリナン、ビタミンEなどがたっぷり含まれ、滋養強壮やアンチエイジング効果が期待されています。黒ゴマはすりつぶすと栄養素の吸収率がアップすると言われているため、黒ゴマをすりつぶつくった黒ゴマペーストをハチミツなどと一緒にパンに塗って食べるのもおすすめです。

まとめ

旬の冬には冬野菜を、夏には夏野菜を、というように季節ごとに収穫できる野菜は栄養豊富で、私たちの体にプラスに作用してくれます。旬の食材を積極的に日々の食生活に取り入れることで、健康への作用だけでなく美肌づくりにも役立ちます。
まずは、白、緑、赤、茶、黒の5色の冬野菜をバランス良くとることからはじめ、体の中から美肌を目指していきたいですね。

ページ先頭へ