メトラッセコラム

2017.01.27

肌がワントーン明るく?ビタミンC豊富なローズヒップティーの持つ美容効果


ローズヒップティーの持つ美容効果

近年スーパーなどでも手に入れることができるようになったローズヒップティー。栄養価が高く、特に美容効果が注目され、今でも女性人気の高いハーブティーです。今回は、このローズヒップティーについてご紹介します。

ローズヒップとは

ローズヒップは、バラ科バラ属の実の総称を指します。ハーブの一種であり、豊富なビタミンCを含むことから「ビタミンCの爆弾」とも言われます。そのビタミンCの量はレモンの約20倍とも言われており、美肌効果や免疫力を高める効果が期待できるとされ、日本でも広く流行しました。
今では美容食材として人気のローズヒップですが、世界に広く認知されるきっかけとなったのは第二次世界大戦のイギリスの食料物資の補給でした。ドイツによってオレンジの輸入が不可能となったイギリスがローズヒップの豊富なビタミンCに着目し、国民のビタミンC不足を防ごうとしたのです。
ローズヒップはハイビスカスとの相性が良く、市販されているローズヒップティーの多くはハイビスカスとブレンドされています。

ローズヒップティーはビタミンがとても豊富

ビタミンがとても豊富ローズヒップティーはビタミンCだけでなく、血行を良くするとされるビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維、ベータカロテン、リコピンが多く含まれています。また、ローズヒップティーに含まれるティリロサイドというポリフェノールは脂肪燃焼効果を促進し、ダイエットに効果があると言われています。

ローズヒップティーの美容効果

美白効果にも影響がある

ビタミンCが豊富

ローズヒップティーが大流行したのは、レモンの20倍にもなる豊富なビタミンCが含まれていることで美容効果が期待できるためです。
ビタミンCは抗酸化作用があり免疫機能をアップさせる作用があるため、お肌の疲れが出にくくなり肌を美しく保つ効果があると言われています。
ビタミンCはローズヒップの実にもたくさん含まれているため、カップの下に実が沈殿するタイプのローズヒップティーであれば、酸っぱいかもしれませんが食べてしまうのもおすすめです。

ビタミンEや食物繊維を含む

ローズヒップに含まれるビタミンEと食物繊維は、血行促進、腸内環境を正常化させる効果が期待できます。血行促進や腸内環境正常化によって肌のターンオーバーにも働きかけ、肌を内側からきれいにしてくれる役割を果たしてくれます。

美白効果も

メラニンの生成を抑え、既にできてしまったメラニン色素にも働きかけてくれるビタミンCが豊富なローズヒップティーですが、ローズヒップティーの美白への効果はビタミンCだけではありません。ローズヒップティーに含まれるビタミンA、リコピン、ビタミンEは抗酸化作用が強く、紫外線を受けた肌を守ってくれると言われています。

貧血、骨粗鬆症予防にも

多くの女性は鉄分不足で貧血に悩んでいると言われています。体が鉄分を必要としていることを分かっていても、日々の生活でしっかり鉄分を取ることは難しいですし、貧血を解消するのもなかなか大変なものです。また、女性は男性に比べて骨粗鬆症に罹るリスクが高いため、日々予防をした方が良いでしょう。ローズヒップティーには、鉄分やカルシウムも含まれているため、飲むことで鉄分やカルシウムを補給することができます。気軽に飲むだけで不足しがちな栄養素を補うことができるのは、忙しい女性にとってありがたいポイントです。

まとめ

ローズヒップティーは、豊富なビタミンや栄養価の高さから美容と健康に効果が期待されているハーブティーです。毎日のティータイムに飲むことで、ほっと一息つきながら美容成分を取り入れることができるローズヒップティー。最近疲れを感じている方、お肌の調子でお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ