メトラッセコラム

2017.01.13

乾燥する冬は蜂蜜で保湿を。食べても塗っても効果的な蜂蜜の美容効果


乾燥する冬は蜂蜜で保湿

蜂蜜は古くから健康や美容に良いものと言われてきました。そんな蜂蜜は長い間食材として食べられてきましたが、美容にも効果があるとされていることをご存じでしょうか?今回は、「食べる美容液」とも言われる蜂蜜の美容効果についてご紹介します。

蜂蜜の美容効果とは

蜂蜜は料理やホットケーキにかけて食べるだけでなく、多くのスキンケア用品やボディケア用品などに使用されています。
その理由は、蜂蜜に含まれる高い保湿力と肌を整える美容成分にあります。
蜂蜜の水分量は約20%と小麦粉程の量しかありません。しかし強力な吸湿力によって空気中の水分を保持します。この吸湿力によって肌の乾燥を防ぎ、保湿効果を発揮してくれるのです。
また蜂蜜はビタミンB群やビタミンCが豊富に含まれているためお肌の調子を整える効果があるとされています。ビタミンB群は皮脂をコントロールする作用を持つビタミンで、お肌の皮脂をコントロールする効果があると言われています。またビタミンCは、メラニンの発生を抑える働きがあるためシミ予防となる他、体内でコラーゲンを生成する際にも役立ちます。

蜂蜜を食べて美容効果を得たい場合は?

蜂蜜を食べて美容効果蜂蜜は昔から家庭の食卓にあっただけに、さまざまな場面で利用されてきました。さきほどご紹介したとおり、蜂蜜は多くのビタミンが含まれている食材です。以下では、これらの美容成分の上手な取り入れ方をご紹介します。

蜂蜜大根

蜂蜜大根というものをご存じでしょうか?蜂蜜大根は一般的に、蜂蜜にイチョウ切りにした大根を数時間漬け込み、漬け込んだ蜂蜜大根の蜂蜜のみをスプーン1杯分なめるか飲み物に混ぜて飲むという方法で知られています。咳が出たり、風邪をひいたりした際に良いとされる民間療法の1つです。
蜂蜜の美容成分を体内に取り入れられるだけでなく、蜂蜜は抗酸化作用とともに高い保湿力があるため、のどを保湿し乾燥を防ぎます。また、大根に含まれているジアスターゼなどの酵素は腸内環境を整える作用があるとされ、体内から肌の調子を整えてくれる効果が期待できます。

蜂蜜レモン

スポーツの際に食べられることがある蜂蜜レモンですが、こちらも美容に良いと言われています。レモンをよく洗い、皮ごと5ミリ程度に輪切りをして蜂蜜と一緒に密閉容器に入れてから2、3日冷蔵庫に入れておけば蜂蜜レモンの完成です。レモンのクエン酸が疲労物質の生成を防ぎ、蜂蜜のブドウ糖がエネルギーを発生させることで、疲労回復効果やダイエット効果が得られると言われています。こちらも民間療法の1つです。

蜂蜜の保湿力で乾燥対策

蜂蜜を塗って保湿対策蜂蜜は保湿効果がとても高く、乾燥対策にその効果が期待されています。例えば、リップクリームに蜂蜜が含まれているのは、蜂蜜の保湿効果を利用するためです。
このような蜂蜜の使い方としては、そのまま蜂蜜を少量顔に塗ったりして蜂蜜パックを作り保湿効果を高めるという美容方法や、洗顔料に蜂蜜を混ぜて洗顔する蜂蜜洗顔、蜂蜜をシャンプー後に髪に塗り蜂蜜ヘアパックとして髪の毛の保湿をするなどの方法が挙げられます。

このような美容対策として蜂蜜を使用する場合、加熱された蜂蜜や加糖された蜂蜜ではなく、高品質で管理された非加熱で純粋な蜂蜜を選びましょう。
しかし、蜂蜜アレルギーの方はアレルギー反応が出てしまうため、使用してはいけません。必ずアレルギーでないことを確認してから行うようにしましょう。

まとめ

蜂蜜はただおいしく食べられるだけでなく美容や健康にも効果が期待できる食品です。食べて塗って美肌作りにも役立つ蜂蜜。最近では、蜂蜜入りの化粧品も多数発売されています。内側から外側からしっかりと保湿ケアを行い、乾燥知らずの肌を目指しましょう。

↓保湿成分たっぷりエイジングケア『メトラッセ ミルキーエッセンス』
メトラッセ ミルキーエッセンス

ページ先頭へ