メトラッセコラム

2016.07.08

Column No.59 夏場にどうしても気になる脇汗のにおい!知っておきたいケア方法

夏場にどうしても気になる脇汗のにおい!知っておきたいケア方法

もう少しで梅雨が明けて、暑い夏がやってきます。
夏は長期の旅行や花火大会、海水浴やバーゲンなど、外に出掛ける機会もなにかと多いものです。
そんな楽しいお出掛けの時に、脇汗のにおいが気になってしまうと楽しくなくなりますよね。
脇汗のにおいは女子の天敵です。
しっかり対策をしておきましょう。
そこで今回は脇汗のにおいの原因と、ケア方法をご紹介します。

脇汗のにおいの原因

脇汗がにおう原因はいくつかありますが、大きく分けて“汗そのものがにおう”場合と、“汗で雑菌が繁殖することでにおう”場合の2つに分かれます。

・汗そのものがにおう場合

汗そのものがにおう場合は、皮膚にある汗腺(汗の出口)が大きく関わっています。
汗腺にはエクリン腺アポクリン腺の2種類がありますが、エクリン腺から出る汗はほぼ無臭です。

それに対して、アポクリン腺からは尿素やアンモニア、脂質が含まれている汗が出るので、脇汗のにおいの原因になります。
このにおいが強いと、「わきが」と呼ばれるような悪臭にもなるんです。

アポクリン腺は、脇と陰部などの特定の身体の部分にだけしかありません。
身体の他の部分に比べ、脇汗のにおいが特に気になるのは、このアポクリン腺が多く存在しているからなんですね。

・汗で雑菌が繁殖することでにおう場合

次に汗で雑菌が繁殖してにおう場合ですが、もともと皮膚にある“皮膚常在菌”という雑菌が原因といわれています。
皮膚常在菌が、脇汗に含まれているタンパク質や脂質などの成分を分解する時に、悪臭を発生させるのです。

気になる脇汗のケア法

次に、気になる脇汗のケア法についてご紹介しましょう。

【アポクリン腺から出る汗のケア方法】

アポクリン腺から強いにおいがするのは、汗腺の機能低下が関係しているかも知れません。
汗腺の機能を高めるには、普段から汗をかく習慣が大事です。

半身浴をする

半身浴は毎日実践でき、体への負担も少ないので、手軽に汗をかきたい方にオススメです。
まずお湯の温度を熱めにして、10分から15分くらいお湯に浸かります。
その後、ぬるいと感じるくらいの温度にし、体をリラックスさせてからあがりましょう。

適度な運動をする

適度な運動を続けることで、血行や代謝が良くなり、体内の老廃物を汗と一緒に出すことができます。
筋肉に大きな負荷をかける無酸素運動よりは、全身に適度な負荷がかかる有酸素運動のほうが、汗腺の機能アップには効果的ですよ。

【雑菌が原因の場合のケア方法】

こまめに拭き取る

脇汗をかいたら放置せずに、ハンカチやタオルでこまめに拭き取りましょう
かいた脇汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖してにおいの原因になってしまいます。
ハンカチやタオル以外でも、汗を拭き取るための専用の制汗シートも販売されているので、手軽に汗を拭き取ることができます。
制汗シートは防臭効果があるものがほとんどなので、においを効率的に抑えることができますよ。

薬用石けんで洗う

雑菌が繁殖しないように、肌を清潔に保つことも重要です。
お風呂に入ったら、薬用の石けんで体を洗うようにしましょう
一般的な石けんやボディーソープとは違い、薬用の石けんは殺菌効果が期待できるので、肌にある雑菌を減らすことができますよ。
ただし、石けんが肌に残ると肌荒れの原因になってしまうので、体を洗ったら念入りにお湯で洗い流しましょう。

まとめ

今日は脇汗のにおいの原因とケア法についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
夏に脇汗をかくことはしかたありません。
でも、脇汗のにおいは、日頃の習慣で防ぐことができるんです。
彼氏や友人とお出掛けをした時に、脇汗のにおいを気にせず楽しみたい人は、ぜひとも実践して頂きたい脇汗のケア法です。

↓お肌に必要なものだけを残しながらしっかり洗浄『メトラッセ クリアソープ』

メトラッセ クリアソープ

ページ先頭へ