メトラッセコラム

2017.01.20

ハリのある肌に!肘、膝、首、年齢の出やすいパーツのスキンケア方法


年齢の出やすいパーツのスキンケア方法

最近何となく肌のハリがなくなってきたような気がする、顔色が悪い、メイクのノリが悪くなったなど、これまで感じたことのなかった肌の変化が気になり始めたらそれは老化のサインかもしれません。肌は25歳を過ぎたあたりから少しずつ老化を始め、うるおいやハリが失われていきます。もちろんそれは顔だけではなく、首や肘、膝なども同じです。
今回は、そんな年齢の出やすいパーツのスキンケア方法についてご紹介します。

肌のハリが失われるのはなぜ?

コラーゲンやエラスチンの減少

お肌のハリは、お肌の中のヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンがかかわっていると言われています。これらは20代半ばを境に徐々に失われ始め、肌の表面を支える力が次第に弱くなることでたるみを引き起こします。これらの美容成分は、スキンケアや食生活によって補充してあげる必要があります。

筋肉の衰え

筋肉の衰えによっても、肌のハリは失われてしまいます。ハリのある皮膚は、筋肉によって支えられています。これらの筋肉が加齢によって衰えてしまうと、皮膚や皮下脂肪を支えることができなくなり肌のハリは失われ、たるみを引き起こしてしまいます。

ストレスや生活習慣も原因に

お肌のハリがなくなるのは、ストレスや生活習慣が原因である場合があります。ストレスがかかると、血行を阻害したり肌のターンオーバーサイクルを崩したり、肌の機能を低下させてしまう恐れがあるため、適度な運動や休息も美肌作りには欠かせないのです。

年齢の出やすい首にもスキンケアを

首も忘れずに毎日ケア女性の多くは顔のスキンケアを行っていますが、首のスキンケアはどうでしょうか。首はシワがつきやすく、年齢の出やすいエイジングケアには欠かせないパーツです。首の皮はとても薄く、目の周りの皮膚ほどしかありません。そして首は体の中でも特に動きのある部分なので、どうしても刺激によるダメージを受けやすくシワが目立ちやすいのです。
それに加え、首のスキンケアは忘れられがちであることが多く、顔の肌はきれいなのに首には深いシワがあるなんてことも。

保湿を心掛ける

首のシワ対策は、とにかく保湿が大切です。肌が薄い首は乾燥しやすくシワができやすい環境にあるため、ハリを保つためには保湿が必要不可欠です。また紫外線を多く浴びるとさらに乾燥しやすくなり、シワが増える原因になると言われています。顔だけでなく首の紫外線対策もしっかり行いましょう。

膝のエイジングケアはどうする?

膝のエイジングケア

膝の黒ずみ

膝はミニスカートや短パンなどを履いたときに見えてしまうため、黒ずみがあるとそれだけで年齢を感じやすくなります。黒ずみ防止のためには、膝の摩擦を防いだ生活を心掛けましょう。
また黒ずんでいる肌は化粧水やボディクリームなどできちんと保湿し、肌のターンオーバーを促しましょう。

ウォーキングでむくみとたるみのケア

むくみやたるみによって膝に年齢を感じる場合は、ウォーキングやむくみケアで足の筋肉を刺激し肌のむくみやたるみに働きかけましょう。

肘のケアは見落としがち!ケアを忘れずに

肘をつく癖は要注意!

肘は自分からはよく見えないパーツであり、黒ずみがあってもなかなか気が付かないパーツです。肘をつくと、圧力や摩擦によって黒ずみが発生しやすくなるため、肘をつく癖がある場合は注意が必要です。肘は、他人から見えやすいパーツでもあります。普段から肘に摩擦や圧力を加えないよう心掛け、夏場にもきれいな肘を保ちましょう。

ピーリングでたまった角質を除去

肘も保湿を心掛けることで黒ずみを防止することができます。既に黒ずんでしまった場合は、古い角質を除去するピーリングを行うのも良いでしょう。もちろんピーリングの後も保湿は欠かせません。たまってしまった角質をピーリングによって取り除き、しっかりと保湿を行うことでふっくらとした肌を取り戻すことができます。

まとめ

首、膝、肘は、年齢とともにハリが失われやすいパーツです。顔のスキンケアだけでなく、これらのパーツもしっかりとケアすることが若々しい印象を保つ秘訣とも言えるでしょう。
日頃のちょっとした心掛けや基本的なケアで肌の調子は変わります。しかし、あまり気にしすぎるとストレスをためてしまい、返って肌の調子を悪くしてしまうかもしれません。
上記のような自宅でできる保湿ケアから、まず始めてみてはいかがでしょうか。

↓パーツスキンケアにも『メトラッセ ミルキーエッセンス』
メトラッセ ミルキーエッセンス

ページ先頭へ