メトラッセコラム

2016.11.11

目元や口元で老け顔の印象が決まる?エイジングケアが必要な顔のパーツ


エイジングケアが必要な顔のパーツ

美容に関心をお持ちの方なら、老けた印象を与える顔のパーツは「目元」と「口元」である、ということをご存知でしょう。では、なぜこの2カ所が顔の印象を決めてしまうのかはご存知でしょうか。
今回は、老け顔に見えてしまう目元・口元のトラブルについてご紹介します。

老け顔の原因はシワよりも「影」!

老け顔の原因女性の多くは20代後半頃から徐々に、加齢による顔の雰囲気の変化に敏感になることでしょう。ある日ふと鏡を見たら、顔が少し老けた気がする…、このような経験をされたことはありませんか?
一般的には老け顔=シワ、と思われがちです。しかし、実は老けた印象を作っているのはシワというより「影」の存在が大きいのです。ツルンとハリがある肌には影があまりないため、自然と若々しく見えます。しかし、シワやたるみで顔に影ができると、肌全体にハリがなく、くすんだ薄暗い雰囲気になるため、いわゆる老け顔になるのです。
影は、さまざまな原因で顔に表れます。シワだけではなく、たるみやむくみ、ストレスや疲労による目のくまなどは全て影になる原因です。これらは年齢にかかわらず、生活習慣によってもできやすいため、ときに20代前半でも表れます。若いから老け顔とは無縁、というわけではないのです。

顔に影を作るトラブルの原因は?

顔に影を作るトラブルの原因では、どのようにしてシワやたるみ、むくみや目のくまなどは生じるのでしょうか?

加齢によるシワ・たるみ

顔にできる影で最も多いのが、加齢でできたシワとたるみによるものです。シワやたるみがあれば肌のハリは失われ、影になる部分が多いと薄暗く見えるため老けた印象になります。

生活習慣の乱れや体調不良などによるむくみ

若い人にも顔に影が表れる原因となるのがむくみです。通常よりも過剰な水分が肌の内側にとどまることで血液循環やリンパの流れが悪くなり、むくみが起こります。特に、お酒を飲んだ日の翌朝に症状が表れることが多いでしょう。
むくみは目元や顔全体に起こりがちで、その影が肌全体の印象を変えてしまうことがあります。

ストレスや疲労による目の下のくまや肌のくすみ

仕事や家事などで忙しく、寝不足や疲労が続くと、血行不良になることがあります。その結果、目の下にくまができたり肌がくすんだりします。くまによって影ができると、やはり老けて見えるのです。
このくまやくすみに対しては、休息をきちんと取って疲れやストレスを解消すること、栄養バランスの良い食事をして規則正しく毎日を過ごすことなどが解消のポイントになります。

目元や口元は影ができやすいパーツ

では、顔の影ができやすいパーツはどこでしょうか。それは、目元と口元なのです。
目元は前述のとおりくまができやすく、加齢によって目の下の皮膚がたるむと影を作ります。目の輪郭自体も変わり、ぱっちりした目元ではなくなります。
口元は、ほうれい線により老いた印象になりますが、これは頬とほうれい線の間に影が生まれ、ほうれい線をより際立たせるからです。また、口回りのたるみやシワも暗く見える一因となります。
上記のように、目元・口元はさまざまな原因で影ができやすいため、老け顔が気になってきたら、まずは日ごろの生活習慣を見直しましょう。同時に、目元・口元に集中してエイジングケアを行うことが大切です。また、以下の簡単なエクササイズを習慣的に行うことも、顔の印象を変えるのに役立つと言われています。

目元を若返らせるエクササイズ

【1】 目を強くつむり10秒後に思いっきり目を開けて10秒間キープ
【2】 人差し指全体で眉毛を押さえ、下まぶたを上まぶたへ向けて閉じるようにする
それぞれ1日5~10回実施してください。

口元を若返らせるエクササイズ

【1】口角を上げて、大げさなくらいの笑顔を作る
【2】目を大きく見開き、しばらく視線を上に向ける
この状態で10秒間キープ!

まとめ

以上、老け顔に見える目元・口元のトラブルについてご紹介しました。
日々の生活を見直したり、集中的にエイジングケアやエクササイズをしたりすることで、老け顔への道も遠のくかもしれません。エイジレスな美しい笑顔を維持できるように、小さな心掛けから始めてみましょう。

↓目元・口元の小じわ対策に『メトラッセ エッセンシャルクリーム』

メトラッセ エッセンシャルクリーム

ページ先頭へ